行政書士の資格を取ろう|法律に携わる仕事

学び方は多種多様

先生と子供

内容の詰まった養成課程

保育士が人気の理由は結婚、出産後も安定して働く事が出来る点にあります。保育士資格は国家資格なので取得をしていれば、仮に配偶者の都合で転勤になってしまってもその地で再び、保育士として活躍する事も出来ます。また、近年は企業の顧客満足度の向上の為や従業員満足度の向上の為に商業施設内に託児スペースを設けたり、企業内保育施設が設けられる様になるなど保育ニーズが多様化して来ている状況です。その為、保育士はこれまで以上に多様な働き方が選択出来る様になっていると言えます。この様に社会的なニーズも高まっている保育士になるには国が指定する養成課程を有する学校で学ぶのが一般的です。養成課程には4年生の大学と2年生の短大、専門学校があり、学べる期間や学びの内容から選べる様になっています。いずれの学校も卒業と同時に養成課程は修了となるので、保育士の国家試験は免除となります。この点が試験勉強が苦手、不安と言う方にも養成課程のある学校が選ばれているポイントです。もちろん、国家試験を受けないからと言っていい加減な授業が行われていると言う訳では無く、国家試験を受けない分、座学から実習までを徹底的に行なって行くので非常に内容の詰まったカリキュラムとなっています。なお、学校によって実習先や保育士資格以外に取得出来る資格の種類も異なって来るので、学校選びの際は気にかけてチェックする様にしましょう。大学だから、短大だから、専門学校だからと言う色眼鏡で見ずに本質を見極めて自身にとって最適な学校を選びましょう。