行政書士の資格を取ろう|法律に携わる仕事

教材

給料に反映

ビジネスの世界では、能力を持っていることが評価対象となるため、時期を問わず積極的に関連資格を取得していて損はありません。特に、専門資格はもとより、コミュニケーション能力やIT関連の資格も重宝されています。

先生と子供

学び方は多種多様

企業内保育や商業施設内に託児スペースが設けられるなど、保育士に対する社会的ニーズが高まりを見せており、これまでに無い働き方が可能となっています。この様なニーズの高い保育士になるには養成課程を持つ学校に通うのが一般的です。期間やカリキュラムなど様々な学校があるので豊富な選択肢から選ぶ事が出来ます。

女の人

幼稚園の先生になるために

今、全国で幼保一体型施設の認定こども園が増えています。こども園で働くには、幼稚園教諭と保育士の両方の資格が必要となります。そのような背景の下で、幼稚園教諭の資格を取る保育士さんも増えています。

法律のゼネラリストになる

男の人

一般企業でも人気

行政書士はいわゆる独立開業系の国家資格ですが、法律や行政手続きに関する幅広い知識の持ち主として一般企業などでも歓迎されています。職種としての行政書士は、官公署に提出するさまざまな届書や申請書、あるいは権利義務や事実証明などに関する書類を作成したり、作成に際して相談に応じたりすること主たる業とします。個人や企業の権利や財産を守るためにサポートを行う、非常に社会的意義の高い仕事です。行政書士の資格を取得するには、毎年1回実施される国家試験に合格する必要があります。試験は選択式及び記述式の筆記試験によって行われ、学歴や年齢等による受験制限はありません。行政書士は数ある国家資格の中でも人気の高いものの1つであり、資格取得のための勉強手段は豊富です。専門学校等における通学講座や通信講座はもとより、独習用の参考書籍もたくさんあります。行政書士試験は合格基準があらかじめ決められています。具体的には、憲法・民法・行政法などの法令等に関する科目で50%以上、政治・経済・社会などの一般知識に関する科目で40%以上正解し、なおかつ全体で60%以上正解することを原則としています。出題のウエイトを見た場合、法令関連と一般知識関連の割合はおおよそ4体1です。そのため、学習は法令関連、中でも出題数の多い民法と行政法を中心に行うようにします。過去の問題が繰り返し出題されることも多いため、反復学習は得点アップに役立ちます。併せて、新聞に毎日目を通すなどすれば、最新の制度改正等について知ることができるばかりでなく一般知識も身につきます。